魅力ある商材でエステサロンの集客率をアップ!

人気商材をメニューに導入

商材をメニューに導入

新しい商材を導入したとき、あなたのサロンではどんな形でお客様にご提案していますか?
もちろん、単品でのご提案もいいとは思います。しかし、より早くお客様にその商材の認知度を上げるなら、いまあるメニューか、または新メニューにその商材を組み込んで紹介する方がずっと効果が上がるはずです。

ここでは、具体的にどのようにメニューに組み込めばいいのか、その手順をお話ししたいと思います。

メニューに導入しやすい商材選び

まず、どんな商材をメニューに取り入れればいいのか考えましょう。
あなたのサロンで人気のメニューは何なのかを考えてください。そしてそのメニューに導入しやすい商材を選びましょう。

ちなみに、大体どこのサロンも以下のメニューが人気のようです。

  • フェイシャル
  • 痩身
  • 脱毛
  • リラクゼーション

特にフェイシャルは、女性の永遠のテーマ。顔が一番気になるというのは納得ですよね。では、フェイシャルで気になるのはどういったケアなのでしょうか。

  • シミ
  • シワ
  • 乾燥
  • たるみ

この4つが多い悩みですよね。これらに効果的なのは化粧品や美容ドリンク、サプリなどでしょう。あとは考えているメニューのコンセプトによって、配合されている成分や効果をもとに組み合わせてください。
そして、例えば
「“30代からのシミ・シワ対策”コースに、新たなアイテムを導入」
「“目標は10歳若い肌”コースで大人気の化粧品をサロン限定販売中」
「“乾燥したオフィスに負けない肌作り”コースのホームケア・アイテムに新アイテム登場」
といった風に、POPなどで告知・宣伝しましょう。

まず、試験的に「お試しキャンペーン」として、いまあるフェイシャルのメニューの施術を受けた方に試していただくのも一案だと思います。施術の後は肌の状態にも満足し、その肌の状態をキープしたいという気持ちも高まっています。このときが新製品を売り込むチャンスです! 機を逃さず、チェレンジしてください。もちろん、自信を持ってお勧めできる商材をご提供してくださいね。

 
エステ集客のためのプラセンタドリンク選び